家族

引越しの料金を調べよう|少しでも安く抑えるには

業者依頼のメリット

ダンボール

引越しは自力でやる方が業者に依頼するよりも料金はかからないのですが、万が一の場合の保障などがしっかりしている面でも業者の方がはるかにメリットが大きいです。見積もり比較や荷物を減らすなど、料金の節約方法はいくらでもあります。

引っ越し業者選定のコツ

引越

数多くある引越し業者の中から自分にピッタリあう業者を探すコツは、インターネットの口コミサイトや引っ越し料金の計算ツールを活用することです。オプションサービスの内容と自分の求めるサービスがマッチしているかどうかも見極めたいポイントでしょう。

個人と業者の違い

作業員

業者を利用するメリット

1年の中で引越し料金が最も高い時期は、3月から4月にかけてです。この時期は需要が高まり、他の時期と比較すると割高な料金になっているのです。料金が高くなるなら、業者を使わないで個人で引越しをしようと思えばすることができます。個人の場合、レンタカーを借りて荷物を運搬することになるので業者を利用するよりも安くなります。しかし、ここで問題があります。荷物を運搬するのは素人であるということです。業者であれば、荷物の搬出から移動、搬入まで丁寧な作業でスピーディーに行ってくれます。個人であると、家とトラックの間を荷物を運んで何往復もしなければならず、体力が無いと厳しくなります。それでは、知人や友人の手を借りてとなりますが、手伝ってくれたらお礼をしなければなりませんので、出前を撮ったり飲みや食事をご馳走したりなど業者を使ったほうが安かったりするというケースもあります。さらに注意しなければならないのが、転居先がアパートまたはマンションである場合、荷物を運んでいる途中にバランスを崩して共用部分にキズを付けてしまったなどです。この場合は、弁償をしなければならなくなります。素人が重い荷物を運びますのでこのようなリスクもあります。引越し業者であれば、料金の中に保険が含まれています。万が一、荷物の運搬中に家具が破損したり、壁に傷を付けてしまったりなどしたら保障があります。業者を使わず個人で行うと、すべて自己責任となります。多少高くなってもプロの引越し業者に依頼したほうがメリットの方が大きいのです。

格安に引越すには

女の人

引越し屋さんは全国各地に沢山あります。出来るだけ格安に利用するには、まずは一括見積もりをして利用料金の目安を調べることです。その後にメールや電話で値下げ交渉をすれば、交渉次第で見積もりよりも安くなります。